iFree 年金バランス

当ブログで何度か取り上げているGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の
基本ポートフォリオに近づけることを目標にした新ファンドのiFree 年金バランスが誕生します。
大和投資信託のホームページにプレスリリースが出されました。

・GPIFの基本ポートフォリオ(国内債券35%、国内株式25%、外国債券15%、外国株式25%)に近づけることを目標にする
・組入マザーファンドは国内債券はアクティブ、それ以外はインデックス
・GPIFの基本オートフォリオが変更された場合、資産クラスを変更する場合あり
・信託報酬は年率0.17172%(税抜0.159%)
・インターネットでの申し込みを想定したファンド
・販売会社はSBI証券
(大和投資信託プレスリリースからまとめ:http://www.daiwa-am.co.jp/system/files/press/press_20180816_90216.pdf)


GPIFの基本ポートフォリオを取り入れるのにうってつけのファンドですね。
信託報酬もeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)と同じ低コストですし、
アクティブファンドを混ぜているところも好感が持てます。

このファンドで問題と思うのは販売会社です。インターネットでの申し込みを想定したファンドとはいえ、購入可能なのが
SBI証券1社のみというのはあまりにも不便です。ネット証券やネットサービスに対応している銀行や証券会社はたくさんあります!
もちろん徐々に販売会社は増えていくと思いますが、SBI証券のみでは総資産額も増えませんので、早急に他の会社でも
販売してほしいものです。またiDeCoでも購入できるようになってほしいと思います。


  ↓  他のブログへはこちらからどうぞ ↓   

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ _  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ _  ブログランキング・にほんブログ村へ

【追記】 (2018年9月8日)
9月7日から楽天証券でも取り扱いを開始しました。
関連記事
[ 2018/08/18 23:52 ] ひとりごと | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する